pawn company

エンジンを掛けると”ガラガラガラ”とエンジン回転と同調して異音がなるというホンダのフィット。
イメージ 1
補機ベルトに張りを持たせているアイドルプーリー(黄色矢印)から音がしているので確認する為に補機ベルトを弛めてエンジンを回してみると音が小さくなった。
イメージ 2
取り外して、手で押さえながら回してみるとゴロゴロと引っ掛かりが感じられた(左側)。
右側の新品パーツに交換すると異音が無くなり作業終了。
お客様は、エンジンが壊れてしまうのではないかと思うくらいの音だったのが、たった一つのアイドルプーリーで直ってしまった事に安堵と感心をしていました。
 

2010.10.30に沼津国際カントリークラブにて前進4打会のメンバー8人でラウンド。
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7  今回のラウンドをご一緒させて頂いた皆さんの
  午前中のティーショット。
  身長177センチの私が小さく見えてしまうほど
  背の高い3人だったのでドライバーショットは
  皆さんパワフルでした。
  寒いながらも雨風は無く、コースの状態も良か
  ったので満足です。
 
 
 
イメージ 1  豚のショウガ焼きがお薦めという事だったので注文。
  男性には、かなり物足りない量でした…が、味はお
  いしかったです。
  
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2  こちらの方は、私と同じで学生時代にバスケット
  ボールをされていたメンバーさん。
  力みなく綺麗なスイングは見ていて気持ちが良い
  ですね。
  本人の同意を得て写真を撮ったのですが、カメラ
  を向けた時に限ってミスショット…申し訳ないです。
 
 
 
 
 
イメージ 3  まだ距離が残っているバンカーのアゴ近からの
  ショット。
  背が高くて体格もガッチリしているので、全ての
  ショットがパワフルでした。
 
 
 
イメージ 4
 
  
 
 
 右写真が今回の私のショット。
 トップの位置で撮って頂いたのですが、右膝が
 伸び、右側の壁もつくれず体全体も伸び気味。
 この番手で届くかな~なんて不安な気持ちのま
 ま打つと、こうなります。
 午後に入ると薄日も差してきて気持ち良かった
 です。
 47、48の95だったのですが、グリーンも速く、パッティング時には寒さで体が震える中でのラウンドだった
 ので自分の中では満足でした。
 年末年始は、大変ドタバタしてしまっていたのでかなり遅い挨拶ですが、本年も宜しくお願い致します。
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 3低い鉄柱にぶつけてしまってウィンカーレンズが割れ、バンパーが凹んでしまったサニー。
痛々しい…。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4まず熱で焙りながら、裏側から丁寧に凹んだ所を押し出していき、形を整えていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5ある程度形が戻ったところで、表面をペーパーで削っていき、おおまかな段差を整えていきます。
バンパーの黒い素地が見えている所は、凸凹の高い所なので削り取って平らにしていきます。
 
 
 
 
イメージ 6
次に、パテを盛っては研いでを繰り返して、手で触っても分からないくらいまで段差を無くしていきます。
ここでキッチリ凸凹を無くしておかないと仕上がりに影響します。
 
 
 
 
 
イメージ 7
次に、下地のサフェーサーを吹き付けて、乾燥させてから水研ぎペーパーで凸凹も含め表面の肌を整えていきます。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8下地が出来た後に塗料を吹き付けていきます。狙っていない部分にまでメタリックが飛散するので、丁寧にタグクロスで拭き取りながら塗装すると色むらがなく綺麗に仕上がります。
 
 
 
 
 
イメージ 1
塗色が終わると次にクリアー塗装をして、吹き付け作業は終了です。
赤外線ヒーターで焙ってキッチリ乾燥させます。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2最後に、乾燥させたクリアーを水研ぎペーパーで丁寧に研いでいき、バフ掛けが終わったら、ウィンカーレンズやバンパー内のパーツを取り付けて完成です。
凹みやキズが無くなってピカピカになると運転が慎重になり、結果、新たなキズが増える可能性が低くなるみたいですよ。
 

このページのトップヘ