pawn company

色とクリアーを塗装した後の作業過程です。
イメージ 1

クリアー塗装をした後は表面が柚子肌で凸凹しているので、当店ではまず1500番のペーパーで空研ぎをしていきます。1500番は細かいほうですが空研ぎの場合ザクザク研げます。空研ぎの良いところは目視で確認しながらある程度表面を平らにしていけるところです。
イメージ 2

表面が全体的に平らになったら1500番の水研ぎで空研ぎの時に付いた磨きキズを取っていき、次に2000番の水研ぎで1500番の磨きキズを取っていきます。
イメージ 3

更にバフレックスの水研ぎで2000番の磨きキズ、という風にドンドン番手を上げて(きめ細かく)いきます。この状態ではまだ塗膜に細かい磨きキズがあるので表面が曇っています。
イメージ 4

最後に細目~極細目~超微粒子(場合によって)のコンパウンドを使いバフで磨き上げていきます。あくまで当店での基本的な作業工程であって、塗装工場によって作業内容は千差万別です。ただ当店だけではなくほとんどの板金塗装屋さんが苦労しながら車のヘコミやキズと格闘している事は事実なので修理期間はゆとりを下さいませm(__)m

コインパーキングの低い仕切り鉄柱にぶつけてしまったキャデラック。
イメージ 1

かなり深いヘコミ傷なのでドア交換をお勧めしましたが、低予算での修理を希望ということで松竹梅の梅コース(といっても全力です)で板金塗装することに決まりました。
イメージ 2

早速、塗膜を剥がして板金と思ったら黄色の板金パテが出てきました。クリアーの塗装痕をみると、過去に2回はこの部分を修理した形跡がありました。ヘコミが少なければその上からパテを盛って成形するのですが、今回のような深いヘコミを叩いたり引っ張ったりするとその周辺の古いパテが割れてきて修理範囲がどんどん広がってしまいます(泣)。
イメージ 3

横方向に塗装を剥がしていくとキリがない様子だったので、板金の衝撃がなさそうなこの辺りで止めます。何回も同じ場所をぶつけると、その都度きっちり地金を叩いて直していればいいのですが、ヘコんだぶん板金パテを盛って修理してしまうと次が大変です。
イメージ 4

古いパテとにらめっこしながら板金作業をし、中間パテで細かい成形をしてサフェーサーを吹きつけます。

走行中にリア周りよりガリゴリガリと凄い音がする。ガソリンスタンドにてリフトアップし点検してもらったところ“目立つ損傷や不具合は無いので通常走行には問題ありません”と言われたが心配になりご来店。目立つ不具合は無いという事と4WD車だったこともあり、リアデファレンシャル辺りかなと思いながらリフトアップしてみた。下回りを確認すると確かに異常は見当たらない。デフかな~と右後輪を回してみると何かがおかしい?!右後輪~右ドライブシャフト~デファレンシャル~左ドライブシャフト(逆回転)までは駆動してるのに左後輪が動かない…。左後輪を回してみると異音というよりタイヤがグラグラしている。タイヤを外しリアブレーキドラムを外してみた。
イメージ 1

ドライブシャフトと嵌合するスプライン部の溝が削れてしまっている。
イメージ 2

こちらが新品のブレーキドラム。スプライン部の溝がキッチリ。
イメージ 3

ドライブシャフト(緑色矢印)にブレーキドラムのスプライン部がはまり、その先端(黄色矢印)に付くスピンドルナットで固定され、そのブレーキドラムにタイヤが取り付いている。
イメージ 4

割りピンで留まっているスピンドルナットが外れるとタイヤごと外れてしまう構造です。この車両は中古で購入してすぐに左リアブレーキより異音がした為、中古車屋さんにてブレーキドラムを新品で交換したそうで、その際にスピンドルナットの締め付けがあまくブレーキドラムにガタが生じスプライン部が削れてしまったんだと考えられます。今回、スプライン部とスピンドルナットのねじ山が少し傷んでいたのでドライブシャフトも交換したかったのですが、お客様の金銭的都合もあり、今後定期的に点検していく事をお約束しブレーキドラム、スピンドルナットの交換だけで作業を終了しました。

このページのトップヘ