pawn company

ブレーキを踏むと車体が左に寄っていってしまうというスズキのキャリー(軽トラック)。
ブレーキを踏んだ時だけ症状がでる場合は左右ブレーキの制動力に差があるという事。
イメージ 1

ということで4輪のブレーキをしらべてみると右リアブレーキシリンダーよりフルードもれがあった。
イメージ 2

それにより、もれ出たフルードがブレーキライニングにしみ込んで制動力が低下し、ブレーキを踏んだ時だけ車体が左に引っ張られていた。
イメージ 3

シリンダー内のカップピストンを出してみるとシリンダー内の腐食によりゴムカップが傷つきフルードもれを起こしていた。
イメージ 4

シリンダー内を研磨して、傷んだゴムカップを交換。
イメージ 5

ブレーキドラム内を洗浄、新品のブレーキライニングを組み付け、調整して完了。

イメージ 1

電柱にぶつけてしまったサクシード
イメージ 2

粗だししてから塗装をはがして地金を叩いていきます
イメージ 3

パテで細かい部分の成形ができたらサフェーサーで下地を仕上げます
イメージ 4

調色した塗料をぼかしながら吹き付けていきます
イメージ 5

クリアー塗装後、磨いて完成です…がパーツを組み付けて磨きと洗車後の
最後の写真を撮るの忘れてしまった(^^ゞ

このページのトップヘ