かなり不具合情報の多いゲトラグ社製ミッション搭載のマイカーV60。
5万キロ走行車なのですが、たまに発進時とバック時にギヤ抜けの症状が…ちまたでは製造台数のうち10~20%の確率で不具合発生と書かれていたのですが、私のも
購入前から色々と記事を見ていたのですが、DCTフルードを交換したら直ったとか、ミッションに繋がるカプラーを外してコネクター用防湿接点グリースを充填したら直ったとか…。ただ皆さんが口を揃えて言うのが、一度エンジンを切って掛け直すとまた走れるようになる!との事。それって、フルードの汚れや劣化、フィルターの詰まりとかは関係無いのでは?とも思ってしまいます…。
IMG_9737IMG_9738IMG_9739









まず現時点でフルード量が適正なのか調べてみることに。暖気状態で液面チェックのドレンボルトを外しても垂れてこず、そこからテスター紙を差し込んでみても濡れずだったので抜いてみることに!
IMG_9748IMG_9741IMG_9742









すると抜き取れたのは5.8リットルでした。ん?確かネットに書かれていたカタログ規定値は7.3リットル、完全には抜けないにしても皆さんの交換記事を見てみると6.2リットルや6.5リットルとあったので、私のは少ないような気が…。
IMG_9744IMG_9746IMG_9745









フルード交換記事を見ると必ずと言っていいほど皆さん充填されていて、とっても人気の高いSOD‐1も入れてみました!藁にもすがる思いに私も便乗して
エアークリーナーボックス下のボルトを外してフルードを入れていきます。
ちなみにミッションカプラー(黄色矢印)には防湿接点グリースも塗布しておきました。
IMG_9750今回はMEYLE製ATFDCGⅡを6リットル、SOD‐1を0.4リットルの合計6.4リットルを入れて40℃まで暖気してみたのですが、調整ドレンからフルードが全く溢れてこず
そのまま補充を続けていくと6.9リットル時点でやっと垂れてきたのでドレンを締めて作業完了
その後、1か月乗車していますが、一般道高速道とも不具合は出ていません。
そう考えると私の車両の不具合は、ただ単にDCTフルード不足が原因だったのか?それとも安心しきった頃にまた再発するのか?ドキドキしながら乗ってみます!