ちょっとだけポールにぶつけてしまったヘコミキズの修理。
イメージ 1
 
 
綺麗な車両だと少しの傷でもかなり目立ってしまうので修理してほしいというご依頼。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
まずは、キズ全体の塗装を剥がして、ヘコミを丁寧に叩き出していきます。
地金をどこまで復元させるかが仕上がりに影響するので頑張りどころです。
 
イメージ 3
 
板金パテはほとんど使用せずにサフェーサーを吹き付け、乾燥した後にペーパーで水研ぎをして下地を仕上げていきます。
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
下地が仕上がったら周囲のパーツをマスキングして調色したメタリックを吹き付けていきます。
ボカシ際などの色見やメタリックの立ち方などに違和感が無いように塗装します。
 
イメージ 5
 
メタリック塗装が終わったら、次はクリアー塗装をして充分に乾燥させます。
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
最後にクリアー表面の荒れをペーパーで綺麗に水研ぎしてからバフ掛けをして作業終了です。
イメージ 7
 
 
元々ヘコミキズがあった所に歪みなどは全く残っていません。
ちょっとしたキズでも大きなキズと全く同じ作業工程になるので、常に緊張感を持ちながら頑張ってます。