イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
補機ベルトが切れてしまったという事で、なんとか当店まで自走でたどり着いてのご来店。
 
イメージ 3イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これだけひび割れていれば、どこでバツッっと切れてもおかしくない状態。
右上画像は新品ベルトとの比較。
 
イメージ 5イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1本の補機ベルトで、オルタネーター、ウォーターポンプ、パワーステアリングベルト、クーラーコンプレッサーを回しているので、切れると全ての機能が停止します。
 
念のため、全てのプーリーに異常がないかチェックしてから、ベルトを取り付けて作業終了です。
 
イメージ 7
 
不測の事態で止まってしまうのは仕方ありませんが、定期交換が必要な消耗品による故障は点検整備を実施する事で回避できます。
 
保土ヶ谷区のM様。
次回、車検でのご入庫お待ちしております。