pawn company

カテゴリ: 一般修理

かなり不具合情報の多いゲトラグ社製ミッション搭載のマイカーV60。
5万キロ走行車なのですが、たまに発進時とバック時にギヤ抜けの症状が…ちまたでは製造台数のうち10~20%の確率で不具合発生と書かれていたのですが、私のも
購入前から色々と記事を見ていたのですが、DCTフルードを交換したら直ったとか、ミッションに繋がるカプラーを外してコネクター用防湿接点グリースを充填したら直ったとか…。ただ皆さんが口を揃えて言うのが、一度エンジンを切って掛け直すとまた走れるようになる!との事。それって、フルードの汚れや劣化、フィルターの詰まりとかは関係無いのでは?とも思ってしまいます…。
IMG_9737IMG_9738IMG_9739









まず現時点でフルード量が適正なのか調べてみることに。暖気状態で液面チェックのドレンボルトを外しても垂れてこず、そこからテスター紙を差し込んでみても濡れずだったので抜いてみることに!
IMG_9748IMG_9741IMG_9742









すると抜き取れたのは5.8リットルでした。ん?確かネットに書かれていたカタログ規定値は7.3リットル、完全には抜けないにしても皆さんの交換記事を見てみると6.2リットルや6.5リットルとあったので、私のは少ないような気が…。
IMG_9744IMG_9746IMG_9745









フルード交換記事を見ると必ずと言っていいほど皆さん充填されていて、とっても人気の高いSOD‐1も入れてみました!藁にもすがる思いに私も便乗して
エアークリーナーボックス下のボルトを外してフルードを入れていきます。
ちなみにミッションカプラー(黄色矢印)には防湿接点グリースも塗布しておきました。
IMG_9750今回はMEYLE製ATFDCGⅡを6リットル、SOD‐1を0.4リットルの合計6.4リットルを入れて40℃まで暖気してみたのですが、調整ドレンからフルードが全く溢れてこず
そのまま補充を続けていくと6.9リットル時点でやっと垂れてきたのでドレンを締めて作業完了
その後、1か月乗車していますが、一般道高速道とも不具合は出ていません。
そう考えると私の車両の不具合は、ただ単にDCTフルード不足が原因だったのか?それとも安心しきった頃にまた再発するのか?ドキドキしながら乗ってみます!

総走行距離が増えてきて足回りをリフレッシュさせたいというプリウスα。
1万キロ台の車両から取り外した中古部品が購入できたという事で、ショック、スプリングを持ち込まれての交換。
IMG_9622IMG_9624IMG_9625










ワイパー、カバー、ワイパーモーター、プレートを外していって、やっとサスペンションのアッパー部分が見えてきます。
IMG_9627IMG_9628IMG_9634










ドライブシャフトに負担が掛からないようにナックルをメンバーに固定させてサスペンションを取り外し&分解。
IMG_9635IMG_9636IMG_9638










再組付けする際に交換しておきたいラバー類やアッパーマウントは新品に交換。お客様のご要望で、ついでにスタビライザーリンクも交換しました。
IMG_9641IMG_9642
リヤはショックアブソーバーを外すと簡単にスプリングも取り外せます。
同乗されるお子さまが車酔いされるようになってきたのもあってのサスペンション交換…優しいパパさんですねー!
少しでも乗り心地が良くなるといいのですが

IMG_9644
横浜市中区 O 様
いつもお車のメンテナンスで当店をご利用頂きまして有難うございます。
また何か有りましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

IMG_9496IMG_9498IMG_9502










ワイパー、カバー、ワイパーモーターリンク、プレートを外していって、やっとサスペンションのアッパー部分が見えてきます、、
RS-RからブリッツZZ-Rへの交換。
IMG_9503IMG_9504IMG_9505










減衰力調整の延長ダイヤルを通すための穴をプレートに開けていきます。
IMG_9506IMG_9507IMG_9510










プレートの穴から延長ダイヤルを通して元通りに組付けていきます。
IMG_9512IMG_9513
リヤショックアブソーバーの上側は蓋を外すとすぐにアクセスできるので簡単に交換できます
フロント、リヤ両方ともお客様が計算して高さ調整の位置決めをしているので、そのままの状態で取り付けました…微調整はお客様自身で時間を掛けてされるとの事。

IMG_9514
横須賀市 H 様
いつもお車のメンテナンスで当店をご利用頂きまして有難うございます。
また何か有りましたら、宜しくお願い致します。




IMG_9455IMG_9457IMG_9456










車検でお預かりしたADバンなのですが、ラジエータよりクーラントが吹き出してしまっていたので、社外新品へ交換。
IMG_9458IMG_9459IMG_9460










新しいラジエータを取り付け、エア抜きをして作業完了です。
ずーっと異臭は気になっていたという事なのですが、詳しくない方でもボンネットを開けてみると何か違和感に気が付くかもしれませんので、お試しされると良いですねっ!
IMG_9537

横浜市神奈川区 S 様
いつも会社車両のメンテナンスで当店をご利用頂きまして有難うございます。
また何か有りましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

IMG_8792IMG_8793IMG_8795










輪止めに乗り上げてしまって前輪がそっぽを向いてしまったエブリィ。
当初は保険でフロントバンパー、ステアリングギアボックス一式、ロアアームを交換予定だったのですが、一番ダメージを受けているラックエンドとタイロッドエンドを交換すれば直りそうな感じでしたので、お客様と相談して保険を使用せず最低限の修理となりました!
IMG_8797IMG_8798IMG_8802










交換後はステアリングにガタもなく、トーイン調整をして足回りの作業は完了。
IMG_8801IMG_8803
フロントバンパーの角はペーパーとバフレックスで表面をならしてバフ掛けをしました…深いキズは落とせませんでしたが
部品代8,000円で走れるようになったので、保険を使わずに良かったですね!
次回の法定点検時には、改めて修理箇所のチェックをさせて頂きます


このページのトップヘ