pawn company

タグ:旅行


中学3年生の時に、卒業式で鼻をすすり目が真っ赤になっていた私に友人達が
”えーっ!もしかして泣いてるのー?!”…。
まだ花粉症なんて言葉も知らない時代から早30年…。
いつかは治ると信じていたのですがさすがに堪えられず5年前から薬を服用。


先日ゴルフで久しぶりに会った花粉症持ちの知人がとてもスッキリした表情でプレイしていたので、
”今日はかなり花粉飛んでるのに調子良さそうだねー。薬は何飲んでるのー?”
って聞いたら
”5年くらい前から毎日ヨーグルトを食べてたら薬飲まなくても大丈夫になっちゃったんだよねっ”って!!

イメージ 1帰宅後、自宅で手軽にヨーグルトが量産できるヨーグルトメーカーなるものが存在するらしく、楽天市場で即購入!
あとから知人に聞くと、今更?と笑われる始末…。

効果が表れるまで長い道のりですが身体にも良いですし、一日一日地道に食べ続けてみようかと思います。

花粉症が改善されたかどうかは5年後のブログで公表しますね。
あっ!
2019年12月15日でヤフーブログが終わるというお知らせがありましたね…どうしましょう…。


昨日、パシィフィコ横浜で毎年開催される神整商、神整振フェスティバルへ行ってきました。
 
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
色々な企業が自動車整備機器や工具を出品していて、商工組合価格でお得に購入できます。
 
毎年色々な商品を眺めながら”この工具あったらいいなー、コレ欲しーなー”って独り言を言いながらさまよってます。。
 
 
 
 
 
イメージ 5神奈川の各支部が名産品や食べ物、お酒類など、色々なものを販売していて、私が加入している支部では毎年恒例のワインを販売してました。
 
今回は海軍カレー、メンチカツ、おでん、生ビール、ハイボールを食べ呑みして、陽気に楽しんできました。
 
 
 
イメージ 4
健康保険組合コーナーでは身体測定ができるので、いつも骨密度、視力、握力は測定してます。
 
視力は毎年低下していきますが、握力だけは全く鍛えてないのにキープ出来てます…毎日ボルトナットを回しているおかげですかねー。
14時過ぎの時点で、73㌔はこの日の最高値をキープしてましたー(^^ゞ
 
来年は何か必要な工具を手に入れられるように、コツコツお金をためよーとっ。
 
 
 
 
 
 
 
 

最終日は尾道へ。
今回の旅行は、1年前に出川哲朗の充電させてもらえませんか旅の放送を観たのがきっかけです。
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先に頂上の千光寺公園の駐車場に車を停めてから下りてくるルートにしたので、全く疲れていない状態でかき氷を食べて良い景色を眺めてしまいました…贅沢。
 
イメージ 3
 
千光寺本堂越しの画像は旅行雑誌に必ず載っているカットですが、生で見るその景色は心を穏やかにしてくれる贅沢な風景でした。
 
イメージ 4
 
尾道商店街まで下りたら朱華園さんで尾道ラーメンを食べて…
 
可愛いねこの焼き物を買って…
 
尾道ええもんやさんでおみやげをたくさん買って…
 
あなごのねどこさんで瀬戸内レモンシロップのかかったかき氷を食べて(すっごく美味しかったです)…
 
時折見える商店街の隙間から見上げる景色を楽しんで…
 
 
イメージ 5
 
最後にロープウェイで全ての風景を目に焼き付けてから現実の世界へと戻っていきました。
 
心身ともにばっちり充電できたので、お盆休み明けたら年末まで突っ走りたいと思います。
 
 
 
 

イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宿泊地の鞆の浦で、坂本龍馬が身を隠していた屋根裏部屋がそのままの状態で残っているという桝屋清右衛門宅へ行ってみました。
はしごを外すと部屋が有る事に全く気付かなそうな屋根裏には…。
 
 
イメージ 3イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お酒を飲んで酔っ払っていたら絶対に手を付いたであろう場所を想像しながら、長時間滞在してしまいました。
 
イメージ 5
 
誰が撮ってもキレイに映る對潮楼からの景色。
鞆の浦はとても歴史を感じられるステキな港町ですね。
 

イメージ 1イメージ 2イメージ 3
 
 
イメージ 4
食堂みつばちさんから海沿いを走っていくとすぐに、村上水軍博物館という建物が目に入ってきました。
 
もともと予定には無かったのですが、海賊という看板を見れば男の子だったら立ち寄ってしまいますよね…。
 
ただ、上映されているビデオや資料を見てみると、海賊と聞いて想像していたものとは全く異なり、とても勉強になりました。
 
 
 
 
イメージ 5
 
これを機会に是非読んでみようかなー、と思います。
 

このページのトップヘ